ムダ毛の自己処理どうしてる?

ビキニを着た女性
沖縄県内在住の、脱毛ガールです。
ここでは、一般的な自己処理のご紹介とそのメリットデメリットを取り上げています。
肌負担を考え、一番最適なムダ毛処理をしましょう!

脱毛ワックスシート

脱毛ワックスシートのメリットは、伸びてきた毛がチクチクしないという点です。毛根から毛を抜くため、仕上がりもキレイで触り心地がいいのも特徴です。

しかしワックスシートでの脱毛は、ある程度毛の長さが必要で、シートをはがす時に痛みをともないます。さらに毛穴や角質へのダメージも大きいのがデメリットです。

カミソリ

あるアンケートでは、自己処理で一番女性が利用しているのがカミソリだったという結果が出ているほど、王道の自己処理といえます。カミソリのメリットは、仕上がりがツルツルで気軽に出来るのがポイントです。

しかし、カミソリによる自己処理が一番肌に負担がかかると知っていましたか?
肌摩擦による、色素沈着や乾燥からの肌荒れなど、じつは意外と気を使わなければいけないことがたくさんあるのがカミソリでの自己処理です。

毛抜き

毛抜きを使って、スルっと毛が抜けるだけで快感を覚えてしまうのはわたしだけでしょうか。カミソリやワックスシートよりも手軽で簡単です。

思わず没頭して毛を抜いてしまうこともありますが、埋没毛のリスクが高いのが毛抜きのデメリットです。

埋もれ毛になると、自然に出てくることもありますが、気になったら肌を温め、やさしくスクラブをして出しやすくしてもオッケーです。

除毛クリーム

伸びた毛も専用のクリームで脱毛できます。カミソリや毛抜きでは、自己処理しづらい背中部分も除毛クリームでは比較的、脱毛しやすいのもメリットです。

しかし脱毛時に除毛クリームからでる刺激臭があり、苦手なひとが多いのも特徴のひとつです。

家庭用脱毛器

肌負担が少ないため、自己処理では一番最適な方法です。はじめの初期費用に負担を感じる人も多いですが、長い目でみたときのコストパフォーマンスは高く、自宅での自己処理にオススメです